人気ブログランキング |

「プラダを着た悪魔」観ました

DVD借りると、他の映画のCMが入ってるじゃないですか。先日見た「ラッキーガール」のCMに入っていたので借りてきました。

まるで、一冊の一流ファッション雑誌を読んでいるかのような、華やかな映画です。


ファッション雑誌のトップに君臨する「RUNWAY」の敏腕編集長ミランダとアシスタントのアンディのやりとりが面白く、ミランダが「あれして、これして云々、云々」とまるでマシンガンのように喋るんですけど、最後の一言「以上よ」(みたいな)の言葉がとっても上品でゆっくりなんですね。台詞に緩急があってテンポ良くて楽しかったです。

そして、始めはダサイファッションで、オロオロしながら仕事をしているアンディが段々仕事が出来るようになり、おしゃれに変化していくところは、女性にとってとても魅力的。女ってお化粧一つでこんなに変わるんだ、こんなに輝けるんだーって思いました。私もおしゃれやお化粧に気を使っていた時期がありますが、自分の気持ちも違いますね。なんか弾むような気持ちになるんですよね。始めは何を着ていいかわからないんですけど、少しずつおしゃれの仕方が分かってくるととても楽しいんです。だから、この映画に出てくるアンディの変化を見て共感を覚えました。

でも、仕事ができるようになるに連れて、段々恋人や友人との時間がなくなっていく…。仕事か恋か?これは働く女性なら誰でもどちらを選ぶか迷いますね。特にバリバリのキャリアウーマンはそんな岐路に立たされる場面が多いのではないでしょうか?もちろん仕事も恋も両立させて充実した人生を送っている女性も多くいると思いますが…。私はどちらかというと私生活を取っていた気がします。お陰でなんの成功話もないんですが、私は今の自分の人生は楽しいですね。憧れますけどね、華やかな世界で働くことや、仕事で成功することに。憧れた時ありましたけど、途中で「ちょっと違うかな」って自分とのギャップを感じたんですね。


同級生で、出版社に勤めていてセレブのパーティーの取材みたいな仕事をしている人がいるんですけど、様子をみていると私生活は殆どないようで、なかなか家に帰れないみたいです。

どちらを取るか…ですね。私はあんまり仕事は頑張りませんでした。




ところで、アン ハサウェイの恋人役の男性は「アントラージュ」に出てますね。

by wampp | 2008-01-17 15:59 | 映画のこと