本を読んでます。

「悪夢ちゃん」で「先生はサイコパスです」とか児童たちが「サイコパスだぁ」と叫んだりネット上に書き込んだりするシーンがありますが、サイコパスという言葉の正確な意味を知るには児童が精神的に幼すぎるので、軽々しくサイコパスと連呼するシーンを見るたびに違和感を感じる。このドラマの影響で小学校とかで軽々しく「サイコパス」という言葉が飛び交ってしまうのでは?臨床心理や犯罪心理などに関する本を読む機会が多いのですが、そういう本を読むほど他人を「おかしい」と決めつけることの恐ろしさを感じます。軽々しく言葉にすることは憚られますし。

先日「サイコパスを探せ!」という本を読み終えましたが、サイコパス診断を生み出した張本人でさえ危惧する言葉を発しているという印象を受けました。ちなみにこの本、心理学的な本なのですが、小説を読んでいるようで面白かったです。訳者が好いんだろうなと思います。
f0156726_1654661.jpg

by wampp | 2012-12-03 16:06 | ひとりごと