Dステ10月公演-鴉-

f0156726_2322155.jpg


初日観て参りました!格好良かった!ゆ〜やん、メチャメチャ殺陣が上手かったよ!4月組の公演も良かったけど、「4月組に負けてたまるかっ!」っていう10月組の気迫をビシビシ感じました。

春にも書いたのですが、幕末の頃の仙台藩に存在した鴉組に纏わる話で、鴉組にいた若者達の熱く、そして悲しい話です。春も秋もストーリーは一緒ですが、演出が4月組と10月組で違っていて(前に同じと書いてしまいました。すみません)、4月組はまっすぐと背筋をピンと張ったような演技だったのに対し、10月組はキメるところとボケるところ、笑うところと幅広い舞台で、笑うところでは思いっきり笑いを取りに来てました。メリハリがあって面白かったです。

とにかく、ソーラン節は10月組が圧倒的に上手かった。声が良いんだね、あれは。


役を演じた一人一人を比べると、ズッキーは背も高くて格好良かったけど、ゆ〜やんの演技の方が全体的に良かったなーって思う。幅の広さ、経験の多さが出たね。バネがあるから殺陣もキレてたし。あれは、相当プレッシャーだったんだろうね。負けられないって。

寅吉は五十嵐君も荒木君も面白かったね。寅吉の役割は舞台全体のムードメーカーで、スピード感を感じさせたいときの飛び道具。これは二人とも外してませんでした。二人の違いは、五十嵐君はインチキ臭さ。荒木君はいやらしさってとこでしょうか。荒木君の寅吉はやらしかったなぁ(笑)妖艶?紫の着流し。もともと顔立ちが綺麗だからよけいに妖艶だね。

まあ、あと2回観に行くので、またそのときに書こうと思います。


まずは初日、無事に終わって良かった。千秋楽までの全日程、メンバーみなさんが怪我や病気をしないよう、1ファンとして祈ってます。

にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ

[PR]

by wampp | 2009-10-20 22:28 | カッコいいこと