送迎時のやりとり

ある利用者さんを送っていると必ず「なんか食べて帰ろうよ」ってなるんです。でも、そんなことご家族がいるしお金を使わせてしまうし、そもそも本気にしてないので上手くごまかして自宅まで送り届けるんですけど、今日は彼女、本気モード。私がたまたまお腹が空いていて「お刺身食べたいなー」って言ったら、「お寿司屋さん寄って行こうよ」って。

「いやいやいや、ご主人待ってるし、家に帰ってから病院行くじゃん」って言ってやんわり断ると、「病院なんて8時までやってるからちょっとくらい遅くなったって平気よ」って。

大体いつも何となくそんな、「食べに行こうよ」話をしながら送り届けるんですけど、今日はなぜか納得してくれなくて、「夜にお米はあんまり食べたくないんだよ」って私が言うと、「じゃあ、お刺身の盛り合わせを頼めば良いじゃない」って(笑)あらら〜。でも立場上一緒に食べに行く訳にはいかないので、「良いよ、だって、全部ごちそうになるの悪いじゃん」って言うと、「いいのよ〜。じゃあさ、焼き肉食べに行こうよ」って…。


だ〜か〜らっ……。


彼女、ノーマルのときは気前良くて明るくて気の利いた冗談を言って、周りの人を楽しくさせるムードメーカーで人気者だったんだろうなーとつくづく思いました。だって、お寿司トークのあと、焼き肉トークをして、最後は「鰻食べに行こうよ」って(笑)

家に着いて、横にご主人がいるのに、「ねえ、どうする?お寿司屋さんいく?鰻にする?」って。「まだやることあるから」って言うと「もうあとは帰るだけでしょ。知ってるのよ」って(笑)「うちに上がってお茶くらい飲んで行きなさいよ」って彼女が言ってる傍らでご主人が苦笑いしてるのが印象的でしたよ。

結局、一緒に外でご飯が食べたいのは山々ですが(彼女、マンツーマンだと明るくて面白くて落ち着いている)、「あなたが通院がなくて、夕ご飯を食べなくて、お互いに用事がない時にしようよ」って言ってバイバイしてきました。


お寿司、焼き肉、鰻。どれも魅力的ですが…。



にほんブログ村 介護ブログへ

[PR]

by wampp | 2009-08-10 21:43 | 日常のこと