タグ:大切な気持ち ( 52 ) タグの人気記事

久しぶりに会う人たち

今日は半年ぶりくらいで前の会社の人たちに会いました。

みなさん変わらず元気そうで何よりでした。


色々話して私なりに色々考え中なので、きょうはこれで終わります。


おやすみなさい。
[PR]

by wampp | 2011-06-06 21:50 | ひとりごと | Comments(0)

仕事復帰

ほぼ3年パートナーさんの会社に勤務していたのですが、わけあって長期休養。

休養して半年ほど過ぎたのですが、徐々に復帰しつつあります。


嫌いな仕事ではないので…、というか寧ろ大好きな仕事なので復帰話を持ちかけられた時は嬉しかった。


だけど、色々あるから、お互いに条件を決めての復帰と言う形になりました。


どうなるかは分からないけれども、会社貢献+αで頑張ろうと思います。


だけど期待しないでね、パートナーさん。
[PR]

by wampp | 2011-05-30 00:07 | ひとりごと | Comments(0)

振り返ること

数か月、自分を客観的に見ること、思考することが出来ずにいて、その間「私って一体何なんだ?」「私の考えはどこにあるんだ?」というようなことを考えていたのですが、ようやく落ち着いてきました。すべてを(分かる人しか分からないけれど)客観的に見ると、やっぱり(これもです。すみません)おかしかったのだなと思います。

自分では「ちゃんとしている」「まっとうな日常を送っている」と思っていたのですが、自分で気づかない自分の意識では「もう耐えられない。逃げたい」って思っていたんです、きっと。

だから、年末に周囲の人にとんでもないくらいに迷惑をかけながら会社を辞めました。普段の私では考えられないくらいの迷惑をかけました。

だけどね、今になって思うと、そこまでしないといけないくらいに私は精神的肉体的に限界を迎えつつあったということです。とんでもないことを起こすほどにダメージを受けていたんですね。


今、冷静に自分を客観的に見ることが出来るようになって思うのです。


そのとき勤務していた職員には、ホントに迷惑をかけたと思うけれども、私を軸に、中心に考えるならば、心の底から「辞めてよかった」と思います。

会社に迷惑をかけたことは申し訳ないと思うけれども、では自分自身に向かう自責の念があるかというと全くないです会社の人ゴメンナサイ。

バサッと切って捨てるように、夜逃げをするかのように会社を辞めたことに対して「みんな、ごめんね」って思うけれども、そこに責任とか後悔とかまったくなくて、むしろそこまでしないと会社を辞めることが出来ないくらいに追い詰められていた無意識の精神状態のほうが恐ろしいです。無意識のうちにそこまで追い詰められていたということに私自身がビックリなのですが、そういう状況を無理やり、周囲に迷惑を掛けまくりながらも脱することが出来たというのは私にとっては類を見ないくらいの快挙。ごめんね社長。


だけどね、さっきも書いたけど、後悔は全くないんです。辞めてよかった、辞められて良かった。


それしかない。


今後どれだけ周囲に責められようとも、「自分を守りたい」それを念頭に置くと「ごめんね」という気持ちはありつつも、やっぱりどうしても「やめてよかった」と思います。きっかけはどうであれ、そのきっかけを正さなくてはいけない状況としても、某事がなかったら今の私を見いだすことはできなかったと思うのです。


だから、良くも悪くも、みんなに迷惑をかけたけれども、今の私が生き残るためには必要な手段だったのだと、そのように思うのです。
[PR]

by wampp | 2011-05-24 22:19 | ひとりごと

宿題

「宿題」なーんて久しく耳にしなくなりましたが、只今息子ちゃんの宿題を毎日見ています。最早日課です。

でもね、楽しいんですよ。私が思うように息子ちゃんができないことが多々ありますけど、それでも楽しいです。自分が小学生の時にやった勉強法とか色々を少しずつ伝授中www。

私の経験からすると、男の子って女の子とくらべると字が汚いのですが、お勉強が出来る男の子はみんな字がきれいだったんです。しかも、字が汚い男のでも字がきれいになると不思議と勉強が出来るようになるという…。なので、息子ちゃんには字をきれいに書くことを徹底しています。

必死ですよwww。


毎晩漢字の宿題が出るので、横で見ながら「とめ、はね、はらいっ!」と言っています。

というのも、低学年のうちは甘いけれども、学年が上がるにしたがって、漢字の正確さが問われてきますから。ちょっとはみ出ていただけでとか、はねるところをはねていないだけでバツになります。国語のテストでは絶対に落とせない、ポイントゲットするところです。なので、息子ちゃんには意味は分からないかもしれないけれども文字を正しく書くことを徹底しています。その甲斐あってかどうか分からないけれども、最近は私が口うるさく言わなくても字をきれいに書くようになってきました。少しずつで良いから頑張ってきれいな字を書けるようになって欲しいです。

もう親心よぉ~~~~。息子ちゃんは迷惑だとか思っているかもしれないけれども、親は必死。親心を分かってくれるような歳ではないけれども、いずれ字がきれいなことで得をするようにと思っています。

字がきれいだと、自分が他人に伝えたいことが正確に最低限伝わるじゃないですか。字が汚いとそもそも他人は読めない。すると最低伝えたいことすら他人には伝わらない。そうなるとそれなりに不便です。本人が苦労します。今の息子ちゃんには分からない大人の事情ですが、それでもやっぱり字がきれいで損をすることはないと思うので、厳しいと思われるかもしれないけれども字をきれいに書くように徹底しています。


そのおかげかどうか、本人の意識が少しずつ変化しています。担任の先生にも「漢字をきれいに書くように頑張っていますね」と言われました。

嬉しいwww。


小学中学年くらいになったら今度は辞書を引いて意味を知り、短文を作る訓練をさせようと思っています。ただ短文を作るのと意味を知って短文を作るのではかなり違いがありますので…。


だけど、私を教育ママと呼ばないで………。
[PR]

by wampp | 2011-05-16 21:14 | 日常のこと | Comments(0)

PTA、個人的に潜入活動(笑)

PTA。子供のころから不思議な組織です。学校と繋がっているのか?学校との繋がりはどのようになっているのか?その保護者達(主に母親)はどのように活動しているのか?学校とPTAと母親たちはどのように活動しているのか……?PTAの全てに関することが「?」でした。小学生になってから今の今まで、「PTAとは?」という謎を持ち続けていました。なので、思い切って飛び込むことに。スパイ活動?いえいえ、潜入活動、いや、積極的な係わりとでも(笑)

とにかく、ネットで「PTA」を検索してもイマイチ実態がつかめない。役員になった母親たちは言ったい何を話しているのか?だけど、子供が「学校」に係わっている以上、その存在をなくしては親の学校活動は成り立たないのです。

私の母は、仕事を持っていたので、積極的に学校に係わる(保護者として)人ではありませんでした。なので母がPTA活動をしたという記憶は皆無&母としてもないと思います。


あまりに謎な「PTA」。子供が学校に就学している間に謎を解明したい。私にとって実態がまるでつかめない「PTA」と言うものを知るためには、懐に飛び込むしかないと思い、年度末に参加。そして、役員になってみました。「どうせ知るなら、積極的に」と思い……。


地域活動と協力して運営する委員会の3役に立候補。


立候補の理由は、ウダウダ迷ったりくじ引きだ、あみだくじだと時間がかかるのは面倒だからさっさと決めて帰りたい。と、もうひとつは上記の理由です。「PTAとはなんぞや?」。


立候補と言っても副委員長。役割としては主にPCを使った作業及び委員会を開くときにしきる。大した仕事じゃないですよ。なんで他の母親たちは「何か役割を持つこと」に消極的なのでしょう。まさか、ただの主婦にいきなり総理をやれと言っているわけではないし、何か重要な、失敗してはいけない取引をしろと言っているわけでもありません。必要なことを伝達する。それだけです。雑用じゃないですか。誰でも出来ることなんです。しかも今の母親たちは仕事をしている人が殆どなので、みんな条件は同じ。誰も協力しませんなんて言ってないし…。変なの。


もしかしたら私が変なのかもね(爆)だって「PTAって何?分からないからやっちゃおうかな」的な、興味本位ですから。

だけどね、メチャクチャ楽しそうに役員をやっている母親もいるんですよ。ここぞという時にべらべらと喋って、有無を言わさぬ発言。ときには他の母親たちを笑わせ…。そんな、積極的に活動している母親を見ていると、「なんか、学生時代の放課後活動みたいで楽しそうだな」って思うんですよね~。そりゃあ、向き不向きはあるでしょうけど、積極的に学校に係わろうとする姿勢は意外と大切かもって、その母親を見て思いました。



ところで、ところで……。


いくつになっても「職員室」に入るのって緊張するぅ~~~~。
[PR]

by wampp | 2011-04-22 20:26 | 日常のこと | Comments(0)

お金の価値

今日は子供同士で遊んでいる中で色々あって、お金の価値について叱ってしまいました。親御さんには申し訳ないと思いつつも、「お金の価値とはなんぞや?」ということでまだまだ理解はできないだろうけれども、見過ごすことのできない件があったので、怒りました。


はぁぁ、自己嫌悪と思いつつも、親御さんに隠しておくことではないと思い、また、隠しておいて後々もっと大きな問題になるのでは?と思い、メールして、案や意見を伺ったところ有難いことに温かいご意見を頂きました。

一人で悩んではいけませんね~。


と、ご理解していただけるお母さんたちで良かったです。
[PR]

by wampp | 2011-04-13 20:00 | 日常のこと | Comments(0)

少し落ち着いたので…

今日は夕ご飯の話。

今日の夕ご飯はwampp家特製マグロのづけ丼と、サラダ、そしてサーモンマリネです。
f0156726_2042491.jpg


タマネギのスライスとサーモンのシンプルマリネ。


特製づけ丼の秘密は…

秘密www。


サーモンマリネは、タマネギの酢漬けの酢をオリーブオイルと胡椒で和えただけです。シンプルだけど美味しい。




街が自主的に節電してますね。みんなの助けあう気持ちがいっぱい感じられます。今日は電車で朝から出かけたのですが、電車の間引き運転に誰一人文句を言う人はいませんでした。普段なら、必ず一人は文句を言う乗客がいるのですが、今日は誰一人文句を言う人がいませんでした。みんな誰かの為に少しずつ我慢して協力してます。大変な思いをしながら電車に乗っただろうに…。みんなの「少しずつ」が心にしみる1日でした。


そして、海外からの援助活動にも感謝です。


世界中の人たちに「ありがとう」と叫びたいです。


頑張ろうね。
[PR]

by wampp | 2011-03-15 20:49 | 食べ物のこと | Comments(0)

洗濯物を干しながらふと思い出す。

色々あって行き詰ったり悩んだりしますが、う~ん、12年くらい前かなぁ?人間関係で悩んだことがあって、ふと占いに行ったんですよ。かなり直感的に。占い云々っていうのは客観的に見ているところでもあるんですが、その時占ってくれた人が、私の人生を左右するほどの言葉を私の心の中に残してくれたんです。

「人の心は宇宙より広いのよ。だからこうと決めつけてはいけない」

と…。


この言葉は私にとって衝撃的な一撃だったのですが、この言葉でかなり人間関係において救われました。何となく「この人はこういう人なんだろうなー」っていうのが第一印象で分かるんですが、何となくだとしても人をこうだと決めつけてはいけないのだなと思いました。


それから今に至るわけですが、さっき洗濯物を干していた時に、その時のやり取りを思い出していたのですが、その時にもう一つ言われたことがあったんです。


「もっと自分を甘やかしなさい」

と。


自分を甘やかす…。とても難しいです。甘やかし方、知りませんから(笑)自分では自分に厳しいつもりはないんですが…。自分を甘やかすということは、逆にいえば、「自分に厳しい」ということです。だけど、そういうふうに育ってきたので、これが当たり前だと思ってきたので、私は自分自身に厳しいかどうか分かりません。だけど、最近、色々な人と話していて、「人に対して優しすぎる」「責任感が強すぎる」と言われ、そうなのかな~?と…。

私自身は、自分に対して厳しいつもりないんです。ただ、なんとなく「甘やかす」ということは「許す」ということなんだろうなと思っています。許すコト…。それはそれでどうすればいいんでしょう~(笑)


結局、直感的に占ってもらったその占い師さんとは2度と会うことはありませんでした。
[PR]

by wampp | 2011-03-08 21:34 | ひとりごと | Comments(0)

母、入院中につき今日はお見舞い三昧。

先日母から「アキレス腱を切って入院なのよ」と弱気な電話を貰い、色々心配していたんですが、今日お見舞いに行ったら意外と元気だったので安心しました。お見舞いに行った時は母の会社の同僚が遊びに(会社の愚痴を言いに)来ていて、キャッキャと話していました。足はしっかり固定されて動かせない状態だったのですが、今度の日曜に手術するということなのであとは、手術次第。それよりも、花粉症の母の眼の周りが真っ赤だったほうがきになります。「次に来る時は洗面台にあるあれとこれのクリームを持ってきてぇ~」と頼まれました。はいはい、お安いご用です。


午前中には母に頼まれていた買い物をしたわけですが、母も病室で一日ボーっと過ごしてつまらないのか買い物中に何度か電話が来ました。「あれも買ってきてほしいの。あとまだあるんだけどなんだっけ?電話切ると思いだすのよね~」とボケボケなことも言っていましたが(笑)、まあそれも母らしさです。着替え関係とレモン汁を買っていきました。

糖尿もあるのでカロリー制限があり、お見舞いで貰った果物やデザートは一切食べられないとのことで、頂いてきちゃいました。

父も少し顔を出していたんですが、あっという間に帰っちゃいましたね。照れくさいのでしょうね。1時間ほど母と話して帰りましたが、日曜にまた行く予定です。


体力に自信はある人ですが、とにかく早く良くなって欲しいです。
[PR]

by wampp | 2011-03-04 20:41 | ひとりごと | Comments(4)

昨日はハラハラドキドキだったけど。

今日は午後から学校の保護者会です。ここのところ息子ちゃんがお友達と遊ぶことが多くなって、そのおかげで、お友達のお母さんたちと電話で連絡を取り合うこともしばしば。流石に小学生なので、親が家に上がってっていうことはないけれど、お互いに家がどこなのかという把握をしているお宅もあり、少しずつですが、ママ友増えてます。

学生と違って1日中一緒に過ごすという人間がいないので、密接な繋がりを作るには時間がかかりますが、自分のペースで少しずつ人間関係を広げられたらいいなと思っています。

ペースはホントに人それぞれなので、「なんでそんなに友達が少ないんだ」と言う人もいるかもしれませんが、そこはそのように責められても仕方がないことです。友達が少ないから変な人とか社会的に外れた人と決めつけてしまうのはちょっと違うかなと思います。それでもそれなりに付き合いは良いんですよ、私(笑)ただ、結婚して子供もいてという女性と言うのは、学生時代の友達と学生時代のように遊びたいと思ってもなかなか出来ることではありません。お互いにそれが分かっているからお互いに気遣いあって、その結果中々会う機会に恵まれないのです。友達と遊びたいと思っていても、色々な事情で思うままにはいかないのです。相手への気遣いと我慢があるんですよ。確かに、「子育てが一段落したら」なーんて思っているうちにお互いに何となく疎遠になってしまうこともありますが。それはそれで、お互いの守らなければならない生活環境があるので、相手を責める気持ちなんて全く皆無です。だけど、そういう生活環境の中で新たに人間関係が出来ていくのなら、それは嬉しい限りです。


さてさて、今日は風が強いですが、思い切って洗濯物をガンガンベランダに干しまくりました(笑)そんでもって久々に朝ぶろしちゃおうかと思いますwww。
[PR]

by wampp | 2011-03-03 09:13 | 日常のこと | Comments(0)