Kー20

迫力あって面白かったです!息子ちゃんとさっき観てきたんですよ。金城武、相変わらずカッコいいなぁ~って思いながらストーリーにのめり込んじゃいました。


映画のストーリーは、原作の怪人二十面相をなぞりながらも全く別の、奇想天外な話になっているんですが、それがまた笑えるし「ああっ、こういうのありだよね、面白いよね」って感じなんです。最初から最後まで面白かったです。金城武演じる遠藤平吉というサーカスの奇術師がひょんなことから二十面相として世間に誤認されてしまうところからストーリーが始まるんですが、全く予想のつかない展開にハラハラドキドキ。最後は「えええぇぇっっっ!?」ですよ。あっと驚くためゴローですよ。




あと映像もアクションもとっても格好良くて、「日本映画頑張ってるなぁ」って思いました。
[PR]

by wampp | 2009-01-07 15:58 | 映画のこと | Comments(0)